TR科目 履修の流れ

TR科目は、指定されたテキストを中心に学習を進める科目です。
レポート課題と単位修得試験の両方に合格することで単位を修得できます。
まずはレポート課題を提出し、レポート課題に合格した後、単位修得試験を受験することができます。

TR科目に取り組むうえで、もっとも重要なのものはテキスト教材です。シラバスで指定されたテキスト(補助教材が指定されている場合は補助教材も)を精読し、授業目標の達成に向けて課題に取り組んでください。必要に応じて、参考文献なども参照してください。

■履修の流れ
1. シラバスを読む (シラバスで科目と課題の内容をチェックする)
2. テキスト学習 (課題内容と試験のポイントを意識しながらテキストを読む)
3. レポート課題に取り組む (レポートを作成し、提出する)
4. 単位修得試験に取り組む (単位修得試験を受験する)
各項目については別ページで詳しく説明していますので必ず熟読してください。


1. シラバスを読む
カリキュラム一覧で、科目名をクリックすると、シラバスページへ移動します。
シラバスは、「科目の概要」「課題の概要」で構成されています。両方を必ず確認してください。
シラバスの各項目についての詳しい説明は、 airU学習ガイド > 2. 履修・学習 > テキスト科目(TR、TW、TX) >テキスト科目のシラバス を参照してください。

科目によっては取り組む上での注意事項が記載されていますので、確認してください。

 

【はじめに】

教員からのメッセージを確認し、電子テキストをダウンロードしましょう。TR科目・TX科目では、テキストへの取り組みが最も重要です。履修を開始したらまず、テキストを入手してください。電子テキストの閲覧・購入について詳しくは、 airU学習ガイド > 3.教材・テキスト を参照してください。
シラバスでは課題提出期間や、参考文献等の情報を適宜確認することができます。レポート課題に取り組む際にはあわせてシラバスで「試験のポイント」も確認しておき、試験も視野に入れて読み進めましょう。

3-2はじめに

2. テキスト学習
課題の取り組み方が記載されています。科目によっては、授業の導入となる動画が表示されます。確認後、いよいよ課題に取り組みます。

・「授業のコミュニティ」について
科目によっては、「授業コミュニティ」が設置されています。
授業コミュニティの中には「道標」「お知らせ」「広場」の3つのトピックがあります。特に「道標」では、担当教員より授業の補足や教材の訂正事項などについて書き込みがあります。定期的に確認するようしましょう。
TR科目・TX科目の場合は、「テキスト・教材学習」ページの中にあります。科目によっては「テキスト・教材学習」ページの中で更に複数のページに分かれている場合があります。「>次へ」ボタンを押してページを進んでいただくか、ナビゲーションバー直下の「1」「2」「3」・・・という数字ボタンを押してページ移動してみてください(スマートフォン・タブレットの場合は、ナビゲーションバー直下のプルダウンメニューから選択)。

 

3. レポート課題に取り組む
レポート作成ページへ進み、レポート課題内容を確認しましょう。設問内容を意識しながら、テキストを読み、レポートを作成します。完成したレポートは、課題提出期間内にこのページから提出してください。
提出方法の詳しい説明は、 airU学習ガイド > 2. 履修・学習 > テキスト科目(TR、TW、TX) > TR科目(レポート課題) を参照してください。

3-3レポート作成画面

4. 単位修得試験に取り組む
レポート課題に合格すると、次は単位修得試験です。試験期間になるまでに、シラバスの「試験のポイント」を必ず確認しましょう。「試験のポイント」の指示に従い、テキストにより深く取り組むことで、授業目標の達成を目指します。
試験期間中はいつでも受験を開始できます。受験にはいくつかのルールがあります。詳しくは、 airU学習ガイド > 2. 履修・学習 > テキスト科目(TR、TW、TX) > TR科目(単位修得試験) で確認してください。

3-9試験受験画面

【単位修得!】
単位修得試験に合格すると、その科目の成績状況は「単位修得見込み」となります。各期末にそれぞれ成績が確定され、「単位修得済」となります。各自確認するようにしてください。

【授業アンケート】
課題提出後から年度末まで、1科目につき1回授業アンケートを提出することができます。今後のよりよい授業運営のため、ぜひご意見をお寄せください。

このページの先頭へ戻る