事前課題

スクーリングを受講する事前に「課題」に取り組みスクーリング当日に持参(またはairU に提出、科目によっては提出した課題について教員や受講生とディスカッションを行う)する科目や、事後にレポートなどの課題を提出する科目があります。

事前課題はairUマイページ>カリキュラム一覧(シラバス)>科目名>事前課題から確認できます。

 

また、授業で使用する教材は、動画やテキスト、画像、PDF 等のファイル形式で提供されます。

モジュール_ダウンドーロ画面

 

数ページに分けて、動画や教材が収められてりつ場合がありますので、ナビゲーションバーの両側に「<」「>」が出ている場合は、順番にクリックしてください。

履修が終わった科目や、学修の年次に達していない科目は、画面右上、または右下にあるオレンジ色のボタン「課題・教材を確認」をクリックすると教材を閲覧することができます。ただし受講生にのみ公開されている教材は閲覧できません。

このカテゴリのよくある質問

定員が決められているスクーリングがありますが、申し込み者が多かった場合、どのようになるのですか?

定員を超える申し込みがあると、希望のスクーリングを受講できないことがあります。

コース専門教育科目、学科専門教育科目、資格関連科目、デッサン系の総合教育科目
先行募集期間にて抽選を行います。定員に空きがある科目は、追加募集期間でも申し込みが可能です。

共通科目(総合教育科目・学部共通専門教育科目)
追加募集期聞から申し込みの受付を開始します。定員に達し次第締め切りますので、スクーリング申し込みスケジュールを確認し、早めに手続きするようにしてください。

スクーリング申し込み期間中、不在にしていて申し込みできませんでした。今から受け付けてもらえますか?

スクーリング申込期間以外の受付は行いません。ただし、定員に空きがある科目は追加募集にて受付を行います。

過去に合格したスクーリングについて、同じ名称のスクーリング(別日程または内容が違う)を受講することはできますか?

同一科目のスクーリングは在籍中に1度しか履修できません。例の場合、同じ科目となるので1つのみ履修可能です。なお、コースにより新旧対応している科目があります。「旧科目名」で単位修得済の科目は「新科目名」で再度履修することはできません。
例) 「入門デッサン1(静物1:自然物を一つ描く)K
「入門デッサン1(静物1:自然物を一つ描く)T

このページの先頭へ戻る