このページを印刷する

鷹木 朗(タカギ アキラ)

美術を教育の視点から問い直すと、自分自身の表現も更新できます。その二つの研究を両立させるのはたいへんなことですが、必ず素晴らしい果実が得られでしょう。

■専門分野
教科教育学(美術科)、絵画教育研究・基礎造形教育研究

■出身校等
京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程油画専攻

■主な業績等
展覧会:
《─左側に─ 鷹木朗展》(ギャラリー16 2014)
《─晴れた日─ 鷹木朗展》(ギャラリー16 2015)
《─路上の影─ 鷹木朗展》(ギャラリー16 2016)
論文:
「絵画における時間の多層性について」(大学美術教育学会『美術教育学研究 第46号』2014)
「[絵画・以降]の時代に構想するモンドリアンとマティスの題材化 —絵画の時間・学びの時間—」
 (美術科教育学会『美術教育学 第37号』2016)
著書:
『感性をひらいて保育力アップ!「表現」エクササイズ&なるほど基礎知識』(明治図書 2013、共著)
『美術教育ハンドブック』(三元社 2017、共著)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
『セザンヌ物語』(吉田秀和、ちくま文庫、2009年※初出は『セザンヌ物語ⅠおよびⅡ』中央公論社、1986年)
音楽評論家の著者が圧倒的に美しい日本語で造形するセザンヌ。

同じ科目の教員

美術科教育法Ⅰ

名前 担当科目 専門分野 詳細
飯田 真人
(イイダ マサト)
美術科教育法Ⅰ、デザイン基礎1、デザイン基礎2 造形・美術教育、美術鑑賞教育、立体造形 詳細
鷹木 朗
(タカギ アキラ)
美術科教育法Ⅰ、デザイン基礎1、デザイン基礎2 教科教育学(美術科)、絵画教育研究・基礎造形教育研究 詳細

デザイン基礎1

名前 担当科目 専門分野 詳細
飯田 真人
(イイダ マサト)
美術科教育法Ⅰ、デザイン基礎1、デザイン基礎2 造形・美術教育、美術鑑賞教育、立体造形 詳細
鷹木 朗
(タカギ アキラ)
美術科教育法Ⅰ、デザイン基礎1、デザイン基礎2 教科教育学(美術科)、絵画教育研究・基礎造形教育研究 詳細

デザイン基礎2

名前 担当科目 専門分野 詳細
飯田 真人
(イイダ マサト)
美術科教育法Ⅰ、デザイン基礎1、デザイン基礎2 造形・美術教育、美術鑑賞教育、立体造形 詳細
鷹木 朗
(タカギ アキラ)
美術科教育法Ⅰ、デザイン基礎1、デザイン基礎2 教科教育学(美術科)、絵画教育研究・基礎造形教育研究 詳細

このページの先頭へ戻る