このページを印刷する

藤田 和敏(フジタ カズトシ)

歴史を学ぶ上でもっとも基礎となるのは史料の読解です。史料読解の訓練は単調で辛いものですが、読めるようになった時の喜びは大きなものです。

■専門分野
日本近世近代史

■出身校等
京都府立大学大学院文学研究科

■主な業績等
『〈甲賀忍者〉の実像』(吉川弘文館、2012年)
『古都税の証言』(丸善プラネット、2017年)
『近代化する金閣』(法蔵館、2018年)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
三谷太一郎『日本の近代とは何であったか─問題史的考察』(岩波文庫、2017年)
独特の視点で日本の近代史全体を振り返る好著。

担当科目:史料学基礎

同じ科目の教員

史料学基礎

名前 担当科目 専門分野 詳細
藤田 和敏
(フジタ カズトシ)
史料学基礎 日本近世近代史 詳細
高井 多佳子
(タカイ タカコ)
史料学基礎 日本近代思想史 詳細

このページの先頭へ戻る