このページを印刷する

相馬 和将(ソウマ カズマサ)

■専門分野
日本史、仏教史

■出身校等
國學院大學大学院

■主な業績等
「恵林寺歴代頂相:翻刻と試解」(2018年、私家版、共著)
「足利義満子女の寺院入室事例の再検討」(『史学研究集録』43、2019年)
「南北朝・室町期の四天王寺と四天王寺別当」(『ヒストリア』274、2019年)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
松沢裕作『生きづらい明治社会:不安と競争の時代』(岩波ジュニア新書、2018年)
・「頑張れば必ず報われる」「貧しいのは自分の努力が足りないせい」。現代日本にも通用するこうした考え方(通俗道徳)は、いつごろ生まれたのでしょうか。著者はその答えのひとつを明治日本に求め、平易な語り口ながら斬新かつ鋭い考察によって、見事に描いています。現代日本との比較もあってとても読みやすいです。

担当科目:日本史

同じ科目の教員

日本史

名前 担当科目 専門分野 詳細
比企 貴之
(ヒキ タカユキ)
日本史、日本文化の源流、卒業研究、歴史遺産学I-1、古文書入門 日本史、神祇信仰史 詳細
相馬 和将
(ソウマ カズマサ)
日本史 日本史、仏教史 詳細
野村 朋弘
(ノムラ トモヒロ)
古典日本語、列島考古学、日本史、アジア史、京都を学ぶ、史料講読基礎、日本文化の源流、論文研究I-2、論文研究II-2、卒業研究、史料講読応用、古文書入門、芸術環境特論I-3 日本史、歴史情報学 詳細

このページの先頭へ戻る