このページを印刷する

登谷 伸宏(トヤ ノブヒロ)

日本建築史を学ぶ際には、現存する歴史的建造物や伝統的町並み、文字・絵画史料と対峙し、そこから何かを読み取ろうとする姿勢が重要です。建造物や町並みを観る作業を大切にしてください

■専門分野
日本建築・都市史

■出身校等
京都大学大学院工学研究科博士後期課程(生活空間学専攻)

■主な業績等
『近世の公家社会と京都 集住のかたちと都市社会』(思文閣出版/2015年)
大谷大学真宗総合研究所・真宗本廟(東本願寺)造営史資料室編『真宗本廟(東本願寺)造営史-本願を受け継ぐ人びと-』 (真宗大谷派宗務所出版部(東本願寺出版部)、2011年)
「まちに住んだ堂上公家」(『みやこの近代』、丸山宏/伊從勉/高木博志編、思文閣出版、2008年)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
『古寺解体』(浅野清、学生社、1969年)
木造建造物の構造を理解する上で是非読んでおきたい書。

担当科目:建築史3(日本)

同じ科目の教員

建築史3(日本)

名前 担当科目 専門分野 詳細
岩本 葉子 
(イワモト ヨウコ)
建築史3(日本) 日本近代都市史 詳細
登谷 伸宏
(トヤ ノブヒロ)
建築史3(日本) 日本建築・都市史 詳細

このページの先頭へ戻る