このページを印刷する

猪岡 叶英(イノオカ カナエ)

文化研究1では、明治・大正時代の女学生文化、村社会と若者、巫女の口寄せ習俗や靖国神社の英霊祭祀など日本の近代から現代にいたる文化や信仰に関わる諸問題を通じて、いまを生きる私たちの歴史を見つめなおすことを目指します。文献資料に限らず、写真、映画や漫画なども参考に、楽しんでレポートに取り組んでもらいたいと思います。

■専門分野
民俗学、近現代史

■出身校等
大阪大学大学院文学研究科博士後期課程

■主な業績等
「第五回内国勧業博覧会・人類館における『琉球』展示をめぐって」『イシバシ評論』(2016年)
「在阪沖縄出身者による祖先祭祀の実践」『待兼山論叢』(2016年)
「大阪市大正区のウチナーンチュにおける長寿祝い」『京都民俗』(2014年)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
安丸良夫『神々の明治維新‐神仏分離と廃仏毀釈‐』岩波新書(1979年)
明治期の神仏分離の政策による排斥運動(廃仏毀釈、民間信仰などの否定)が、人びとのカミやホトケに対する見方・考え方にどのような影響を与えたのかがわかる一冊です。

担当科目:文化研究1

同じ科目の教員

文化研究1

名前 担当科目 専門分野 詳細
猪岡 叶英
(イノオカ カナエ)
文化研究1 民俗学、近現代史 詳細

このページの先頭へ戻る