このページを印刷する

嶋﨑礼先生

嶋﨑 礼(シマザキ アヤ)

「なぜ西洋建築はアーチを使うのだろう?」
「壁の内部はどうなっているのだろう?」
建築の「形」の背後には、さまざまな意味や興味深い工夫が隠れています。好奇心をもって過去の建築に目を向けてみてください。

■専門分野
西洋建築史

■出身校等
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 修了、博士(工学)

■主な業績等
「中世における壁内通路とその空間性に関する研究―その天井部の構造の類型的把握から」
 日本建築学会計画系論文集、第80巻、第716号、2015年10月、pp. 2347-2354
加藤耕一監訳『ロンドン大図鑑』(西村書店、2017年、共訳)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
ケン・フォレット『大聖堂』(ソフトバンク文庫、2005年)
人物描写の仕方で好き嫌いが分かれるかもしれませんが、中世の大聖堂を巡る人々の壮大なフィクションです。

担当科目:建築史2(西洋)

同じ科目の教員

建築史2(西洋)

名前 担当科目 専門分野 詳細
三木 勲
(ミキ イサオ)
建築史1(近代)、建築史2(西洋) 西洋建築史、近代建築史 詳細
嶋﨑 礼
(シマザキ アヤ)
建築史2(西洋) 西洋建築史 詳細

このページの先頭へ戻る