このページを印刷する

画像_小川後楽

小川 後楽(オガワ コウラク)

わが国で茶道といえば、まず「茶の湯」を思い浮かべますが、もう一つの茶道として「煎茶」の存在することをご存知でしょうか。その芸術的世界はあまり知られていませんが、王朝の雅、京の伝統文化としての「煎茶」に触れ、その喫茶精神が現代の生活にも生かせることを是非学んで下さい。

■専門分野
煎茶道、煎茶史

■出身校等
立命館大学法学部卒業後、NTT勤務を経て小川流煎茶七世家元を襲名

■主な業績等
小川流煎茶七世家元
京都造形芸術大学客員教授、佛教大学非常勤講師
『しっかりわかる、煎茶入門』(監修、淡交社、2010年)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
小川後楽 『漱石と煎茶』  (平凡社新書、2017年)
先代六世家元の遺稿となります。「煎茶」の視座から、知られざる漱石像が掘り起こされることでしょう。

■HP
小川流煎茶 :http://www.ogawaryu.com/

担当科目:伝統文化論II-3

同じ科目の教員

伝統文化論II-3

名前 担当科目 専門分野 詳細
小川 後楽
(オガワ コウラク)
伝統文化論II-3 煎茶道、煎茶史 詳細

このページの先頭へ戻る