このページを印刷する

唄 邦弘(バイ クニヒロ)

創造は、自分の芸術体験を客観的に捉え表現することから始まります。

■専門分野
美学、視覚文化論研究、先史美術研究

■出身校等
神戸大学大学院文化学研究科

■主な業績等
「日常のなかのゲーム/ゲームのなかの日常」(『ユリイカ 特集=ソーシャルゲームの現在』青土社、2017)
「イメージの生成からアンフォルムな痕跡へ――バタイユのラスコー解釈の可能性」(『美学芸術学論集』第11号、神戸大学芸術学研究室、2015)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
『ジョルジュ・バタイユの不定形の美学』(江澤健一郎、水声社、2005年)
おススメのポイント:バタイユの芸術論を考えるための必読書

担当科目:社会学, 写真論2

同じ科目の教員

社会学

名前 担当科目 専門分野 詳細
唄 邦弘
(バイ クニヒロ)
社会学、写真論2 美学、視覚文化論研究、先史美術研究 詳細
大﨑 智史
(オオサキ サトシ)
社会学、美術史(ヨーロッパ)1、美術史(近現代)1、美術史(近現代)2、写真論1 芸術学、映画/映像論 詳細

写真論2

名前 担当科目 専門分野 詳細
唄 邦弘
(バイ クニヒロ)
社会学、写真論2 美学、視覚文化論研究、先史美術研究 詳細
森井 真一
(モリイ シンイチ)
写真論1、写真論2 視覚文化論 詳細
高橋 千晶
(タカハシ チアキ)
写真論1、写真論2 視覚文化論、写真論、近現代美術 詳細

このページの先頭へ戻る