このページを印刷する

古川 真宏 (コガワ マサヒロ)

言葉で人に何かを伝えるのは難しいことですが、自分の考えを自分の言葉で伝えるよう心がけてください。レポートは提出前に読み返して推敲しましょう。

■専門分野
美術史、美学、表象文化論

■出身校等
京都大学大学院 修士課程共生人間学専攻

■主な業績等
「スタイルとしてのモード――ウィーンの総合芸術における衣服の諸相」(『西洋近代の都市と芸術4 ウィーン 総合芸術に宿る夢』竹林舎、2016年)、「世紀末ウィーンにおける病理学的身体――クリムト的女性像に関する一考察」(『ディアファネース――芸術と思想』第1号、2014年)、「浮薄なる様式――クリムトのスタイル/モード」(『ユリイカ』2013年3月号)、「ウィーン分離派とアドルフ・ロース――世紀末ウィーンにおける装飾とセクシュアリティ」(『人間・環境学』第21巻、2012年)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
『踏みはずす美術史』(森村泰昌、講談社、1998年)――作品制作、批評、美術史、コスプレ(?)の入門書。

同じ科目の教員

デザイン論1

名前 担当科目 専門分野 詳細
古川 真宏 
(コガワ マサヒロ)
デザイン論1、デザイン論2 美術史、美学、表象文化論 詳細

デザイン論2

名前 担当科目 専門分野 詳細
古川 真宏 
(コガワ マサヒロ)
デザイン論1、デザイン論2 美術史、美学、表象文化論 詳細

このページの先頭へ戻る