このページを印刷する

井須 圭太郎(イス ケイタロウ)

学芸員の仕事内容は多岐にわたりますが、まずは自分の興味関心をとことん突き詰めて、心から面白いと思える対象を発見・探求することが重要だと思います。学習を通じて、見聞・知見を広める中で、一人ひとりの資質を伸ばして、資格取得にむけて頑張っていただければと思います。

■専門分野
日本近現代美術史、教育普及

■出身校等
関西大学大学院東アジア文化研究科文化交渉学専攻博士課程前期課程 修了

■主な業績等
【共著】
『新居浜−日本 〈工都〉の美術史と地方創生』(2015年、国書刊行会)
【論文・テキスト】
「ワークショップにおける重要な要素 –過去の活動記録を例に-」
(2009年、『芦屋市立美術博物館研究紀要』第1号)
「実体験としての記憶、美術による記憶 -震災から15年 震災と美術展を通じて-」
(2010年、『別巻花美術館 芸術街道』vol.2)
「新居浜市美術館コレクション紹介」(2018-19年、『文化愛媛』No.80〜82)
【展覧会カタログ】
「小磯良平・オリゾン洋画研究所再考」(2017年、新居浜市美術館)
【担当展覧会】
「牧野四子吉の世界 – 自然観察の愉しみ」(2007年、芦屋市立美術博物館)
「あしやのびじゅつ」(2009年・2010年、芦屋市立美術博物館)
「震災から15年」(2010年、芦屋市立美術博物館)
「小出楢重を歩く –1920年代大阪・神戸・芦屋-」(2010年、芦屋市立美術博物館)
「新居浜市美術館開館記念展 新居浜−日本 回想の新居浜美術 1890-2015」(2015年、新居浜市美術館)
「住友コレクションの近代日本画 –関西邦画展覧会回顧−」(2016年、新居浜市美術館)
「新居浜の美術 昨日・今日・明日Ⅳ 郷土への眼差し」(2016年、新居浜市美術館)
「小磯良平・オリゾン洋画研究所再考」(2017年、新居浜市美術館)
「新居浜の美術 昨日・今日・明日Ⅴ 残響−オリゾンを超えて」(2018年、新居浜市美術館)

■HP
新居浜市美術館 http://ncma-niihama.info/
あかがねミュージアム(新居浜市総合文化施設・美術館)http://www.akaganemuseum.jp/

担当科目:博物館教育論

同じ科目の教員

博物館教育論

名前 担当科目 専門分野 詳細
中山 慎太郎
(ナカヤマ シンタロウ)
博物館教育論 フランス近現代詩 詳細
井須 圭太郎
(イス ケイタロウ)
博物館教育論 日本近現代美術史、教育普及 詳細
小島 和男
(コジマ カズオ)
博物館教育論 ギリシア哲学(とくにプラトン)、応用倫理学、うどん、など 詳細
島田 一葉
(シマダ イツハ)
博物館教育論 造形表現、美術教育 詳細
左海 きほ
(サカイ キホ)
博物館教育論、博物館展示論 美術史学 詳細
柳澤 恵理子
(ヤナギサワ エリコ)
博物館教育論 日本美術史(中・近世絵画) 詳細
田中 梨枝子
(タナカ リエコ)
博物館概論(学芸員課程)、博物館経営論(学芸員課程)、博物館資料論(学芸員課程)、博物館生涯学習概論、博物館教育論、博物館資料保存論、博物館展示論 詳細
田島 菜摘
(タジマ ナツミ)
博物館生涯学習概論、博物館教育論 日本美術史(近世・近代絵画) 詳細
篠田 雅人
(シノダ マサト)
博物館教育論 高等教育論、大学経営・政策 詳細
落合 教幸
(オチアイ タカユキ)
博物館教育論 日本近代文学、探偵小説 詳細

このページの先頭へ戻る