このページを印刷する

井面 舞(イノモ マイ)

調べたことや自分の考えをレポートにまとめるというのは想像以上に、苦しく大変なことです。頭の中ではうまく組み立てられていたように思えたことも、いざ文章化しようとすると全くまとまらない、論理的に語れないという経験は私も嫌というほど覚えがあります。けれど、自らの考えを言葉にできたとき、「なるほど私はこんなことを考えていたんだなあ」と初めて自分の思考を理解するような不思議なことが起こります。そしてそれはたまらなく心躍る楽しい瞬間でもあります。それがきっと「考える」ことの楽しみの一つなのでしょう。皆さんのレポートを通じて、そんな思考の楽しさを感じるお手伝いをさせていただけたらうれしいです。

■専門分野
日本美術史 特に絵巻物を中心とした物語絵画。

■出身校等
関西大学文学部哲学科卒業
京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程満期退学

■主な業績等
「釈迦堂縁起絵巻」における霞の造形と機能について-サントリー本「酒伝童子絵巻」と「真如堂縁起」との比較の観点から-」
 (『歴史文化社会論講座紀要』第10号、平成25年2月28日、京都大学大学院人間・環境学研究科発行)
「物語の絵画化の二様相-<釈迦堂縁起絵巻>と<一遍聖絵>における画面構成の論理の違いについて」
 (『デザイン理論』NO.63、平成26年2月28日、意匠学会発行)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
夏目房之介『マンガはなぜ面白いのか その表現と文法』(NHK出版、1997年)
マンガは物語をどのように絵で表現するかという工夫に満ちたメディアです。
その表現のメカニズムを詳しく、かつやさしく解説してくれる本書は、実はマンガが複雑で高度な絵のテクニックの集大成であったことを教えてくれます。
「たかがマンガ」とあなどれません。

同じ科目の教員

地域芸術実践1

名前 担当科目 専門分野 詳細
上村 博
(ウエムラ ヒロシ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2、論文研究I-2、論文研究II-2、卒業研究、芸術学基礎、芸術環境論特論I、芸術環境論特論II、芸術環境原論I、芸術環境原論II、芸術環境特論III-1、芸術環境特論III-2、芸術計画実践I、芸術計画実践II、美術・工芸特論I-1、美術・工芸特論I-2 美学 詳細
井面 舞
(イノモ マイ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2 日本美術史 特に絵巻物を中心とした物語絵画 詳細
小熊 隆博
(オグマ タカヒロ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2、芸術環境原論I 芸術環境創出の実践 詳細
早川 欣哉
(ハヤカワ キンヤ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2 建築計画、歴史的建造物調査、子ども向けアートワークショップ 詳細

地域芸術実践2

名前 担当科目 専門分野 詳細
三井 文博
(ミツイ フミヒロ)
地域芸術実践2 アートによる地域づくり 詳細
上村 博
(ウエムラ ヒロシ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2、論文研究I-2、論文研究II-2、卒業研究、芸術学基礎、芸術環境論特論I、芸術環境論特論II、芸術環境原論I、芸術環境原論II、芸術環境特論III-1、芸術環境特論III-2、芸術計画実践I、芸術計画実践II、美術・工芸特論I-1、美術・工芸特論I-2 美学 詳細
乾 淑子
(イヌイ ヨシコ)
地域芸術実践2 美術史・服飾史 詳細
井面 舞
(イノモ マイ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2 日本美術史 特に絵巻物を中心とした物語絵画 詳細
小熊 隆博
(オグマ タカヒロ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2、芸術環境原論I 芸術環境創出の実践 詳細
山田 咲
(ヤマダ サキ)
地域芸術実践2 アートマネジメント 詳細
早川 欣哉
(ハヤカワ キンヤ)
地域芸術実践1、地域芸術実践2 建築計画、歴史的建造物調査、子ども向けアートワークショップ 詳細
武田 幸子
(タケダ サチコ)
地域芸術実践2 詳細

このページの先頭へ戻る