このページを印刷する

D70_5923m2

中路 正恒(ナカジ マサツネ)

絶対に冤罪を生み出さない刑事司法を。

■専門分野
哲学・地域学・ユーロロジー

■出身校等
京都大学大学院文学研究科博士課程後期宗教学専攻

■主な業績等
『ニーチェから宮沢賢治へ』(創言社)
『日本感性史叙説』(創言社)
『古代東北と王権』(講談社)
『地域学への招待』(角川学芸出版)
『七つの日より』(IMA)

■「オススメの1冊」とオススメポイント
フェルディナント・フォン・シーラッハ、『禁忌』、創元社推理文庫
部屋に写真が貼ってある女性を殺したらしい、血痕のDNAから親が誰かもわかる、として逮捕された主人公はほんとは誰を殺したのか。ユーロ社会の中のドイツの小説。他に『コリーニ事件』もナチ時代の残酷な戦争犯罪をどう裁けるかを問う現代小説。

■HP
http://25237720.at.webry.info/ 「世界という大きな書物」

担当科目:地域芸術理論

同じ科目の教員

地域芸術理論

名前 担当科目 専門分野 詳細
中路 正恒
(ナカジ マサツネ)
地域芸術理論 哲学・地域学・ユーロロジー 詳細
谷口 純子
(タニグチ ジュンコ)
地域芸術理論 ドイツ語、ドイツ文学 詳細

このページの先頭へ戻る