[学部] S科目の履修

■スクーリング科目の種類

スクーリング科目は「講義」「演習」「実習」の3種類に分類され、授業時間数・成績評価方法等が異なります。

①講義

1単位が8講時(1講時=80分授業、科目により0.5講時の授業内試験あり)を基準としています(資格関連科目を除く)。例えば、1単位の講義科目は、原則として初日3講時、2日目5講時の授業となります。スクーリングの開講時間は科目により異なる場合がありますので、シラバスを確認してください。成績は、授業最終日の筆記試験、または授業終了後のレポート課題(課題は科目毎に指示)で評価します。

②演習・実習

1単位は10講時(1講時=80分授業)を基準としています(資格関連科目を除く)。1日5講時の授業を行い、2日間で1単位相当となります。受講前または受講後に5講時相当の課題に取り組む必要があります。評価方法は、科目毎に異なりますので、履修科目毎に確認してください。なお、語学のスクーリングは1単位8講時となります。

 

■履修の前提条件

科目によって、その科目を履修するにあたって必要な条件が設定されています。履修条件を満たしていないと受講することができません。

 

■CAP制

1年間に履修できる単位の上限を設け、単位の実質化をはかるための制度です。履修する科目について、年間で適切な履修計画をたてることで十分な学習時間を確保し、授業内容を着実に身につけることを目的としています。スクーリング科目(Webスクーリング・藝術学舎・資格関連科目除く)において、年間の履修上限単位は24単位とします。

 

■3年次スクーリング科目7単位以上の申込(郵送・窓口のみ)

一部コースのコース専門教育科目3年次スクーリング選択必修科目に限り、6単位合格後に7単位以上の履修を希望する場合、以下の条件を充足すれば受け付けをします。対象となる科目、開講日は各所属コースの『コースガイド』を確認してください。なお、本制度は単年度のものです。

対象コース 洋画コース・陶芸コース・染織コース・写真コース
情報デザインコース・空間演出デザインコース
対象科目 コース専門演習3年次スクーリング科目の選択必修科目における未履修科目かつ、先行募集後に定員に空きのある科目。
・履修済科目の再履修はできません。
・募集科目は追加募集申込期間に、Web(airU)もしくは事務局で確認してください。
履修の前提条件 申込時に3年次スクーリング選択必修科目が6単位合格済であること。
申込期間 追加募集申込期間
申込方法 郵送・窓口申込(airUでの申込不可)。「スクーリング受講申込書(郵送・窓口)」に必要事項を記入し、「3年次スクーリング科目7単位以上申込」に、必ずチェックを入れてください。
キャンセル料 受講許可後にキャンセルする場合は10~100%のキャンセル料が発生します。

 

このページの先頭へ戻る