このページを印刷する

[大学院] S科目の履修

■スクーリング科目の種類

大学院のスクーリング科目は「演習・研究科目スクーリング(SR科目)」「分野特論スクーリング(S科目)」の2種類に分類され、授業時間数・成績評価方法等が異なります。

 

①演習・研究科目スクーリング(SR)

スクーリング履修と学生個々の主体的な研究および制作を総合評価するスクーリング・研究制作科目です。科目ごとに履修方法が異なります。また、領域によりスクーリング日数や成績評価方法も異なりますので『大学院ハンドブック』やシラバスを確認した上で取り組んでください。

②分野特論スクーリング(S)

1単位が8講時(1講時=80分授業、科目により0.5講時の授業内試験あり)を基準としています(資格関連科目を除く)。例えば、1単位の講義科目は、原則として初日3講時、2日目5講時の授業となります。スクーリングの開講時間は科目により異なる場合がありますので、シラバスを確認してください。成績は、授業最終日の筆記試験、または授業終了後のレポート課題(課題は科目毎に指示)で評価します。一部の科目に、1日5講時を3日間開講する2単位科目があります。

 

■申込方法

①演習・研究科目スクーリング(SR)

申し込み不要です。下表の通り、通知します。集合教室については、変更と異なる場合があるので、当日掲示を確認してください。

科目 受講票・集合教室案内の通知方法
「美術・工芸演習」「美術・工芸研究」
「環境デザイン演習」「環境デザイン研究」
「超域制作学演習」「超域制作学研究」
1年間の「受講許可証・集合教室案内」を3月下旬に送付します。受講時に持参してください。
「芸術環境演習」「芸術環境研究」 開講約1週間前にairUマイページ>各科目のスクーリング・研究経過報告>2.集合教室案内に掲載します。画面を印刷し受講時に持参してください。

②分野特論スクーリング(S)

申し込みが必要です。スクーリング申込手続を行い、受講申込結果を確認してください。

このページの先頭へ戻る