このページを印刷する

9. 資格

このカテゴリのよくある質問

学芸員資格を取得すれば、学芸員として博物館や美術館で働くことができますか?

実際に博物館や美術館で働くためには、資格取得後、各博物館・美術館の採用試験を受けなければなりません。求人が非常に少ないため、資格を取得すれば学芸員としてすぐに採用されるという安易なものではありません。

教員免許状は何も所持していませんが、出身大学で修得した「体育」「外国語コミュニケーション」等は免除されるのですか?

教員免許状を取得していない方でも「学力に関する証明書」を提出すれば認定審査を行います。「学力に関する証明書」が発行してもらえない場合は認定できませんので、本学で修得してください。

▶『学習ガイド』資格課程科目の既修得単位認定 p.131

「博物館実習2 (館園実習)」の受講を希望する場合は大学が斡旋してくれるのですか?

学外の美術館・博物館で「博物館実習2(館園実習)」の受講を希望する場合、原則、各自で希望館へ実習受入れの依頼をしていただきます(館によっては大学より一括で実習受入れの申請を行います)。6月~12月にかけ、1週間程度で実習が実施されるところが多いようです。

教職と博物館学芸員の資格を同時に取得したいのですが、できますか?

最短での卒業が第一目標であれば困難です。本当に必要な資格をどちらか選択するか、受講年数の余裕をもって学習することをお勧めします。

資格課程は何年間で受講することができますか?

卒業と同時に教員免許状や学芸員資格を取得するための標準的な受講期間は3年間です。なお、3年次編入学の場合、1年目で卒業研究・卒業制作に着手するための要件を満たし、かつ教育実習や博物館実習以外のほぼすべての科目を修得しなければなりません。いずれも強い意志や目標を持つことと、綿密な履修計画が必要です。

このページの先頭へ戻る